SOCIAL

BLOG

文と香りfrom DAISENプロジェクト開発商品、11月販売開始予定!

Posted 2016.10.23(日)

こんにちは!
鳥取・大山における地方創生、地域活性化の一助となれるよう日々活動している株式会社、SANDOです!

8月にお伝えした、大山寺の門前にあるお福わけポスト活用のアロマプロジェクト(過去の記事はコチラ)ですが…

img_0793

 

実は水面下で着々と動いており、多忙なFloatさん、&mellowさんと時間を調整し、打ち合わせを重ねてまいりました。

img_4981

「クロモジ100%だと、価格が高くなりすぎて、手に取りにくいかも…」
→大山のヒノキや、いろんな香りをブレンドして、大山オリジナルの香りを作ろう!

「パッケージやレターセットのテイストは?」
→「Float」さんの商品をはじめ、「コウボパン 小さじいち」さんの看板などを手がける米子のイラストレーター・geeekmanさんにお願いして、ロゴとイラストを書いてもらおう!

「試香紙の形は丸?四角?」
→丸にすると型抜き代でかなり高くなるけど、丸の方が絶対かわいい!!できる限り他の経費を抑えて、手の届きやすい価格にしよう!

などなど、様々な壁にぶちあたりながらも、より良いものを作りたい、大山のお福わけを広めたい、という気持ちでそれぞれの力をフルに発揮してまいりました。

1回1回の打ち合わせごとに、新たな提案を出し合い、着々と前進し…
やっと、販売開始の目処がたちました!!!!

 

発売日は…11月23日(祝)いい文の日(予定)!!!
販売場所は、大山寺エリア・スキー場エリアの各店舗さま(詳細は改めてご案内します)。

 

メインイメージはこちら。

 

totonou

大山の手紙を開けば香りがあふれる、というイメージのイラスト。モチーフは、お福分けポストのある大山寺に向かう石畳です。約1300 年の歴史をもつ石畳をのぼると、だんだん澄んでくる空気とともに心と身体が〈調ふ〉感覚を表現しました。

dsc_4378

気になる商品は、文香付きレターキット・アロマオイルの2点です。

 

1.文と香りLetter Kit

fumikou_

文香(ふみこう)とは、手紙をひらく人の気持ちを想像し、香をたきしめるという日本の伝統文化。その歴史は平安時代までさかのぼり、手紙を交わす男女は、愛の言葉に香りを添えて贈ったとされます。

丸く型抜きした因州和紙に「TOTONOU」ロゴとイラストをあしらい、伯州綿の職人さんが心を込めて紡いだぬくもりあふれる紐をつけました。お手紙にしのばせて送れば、受け取った人に大山の香りと福をわけられます。受け取った後もしばらく香りが残るので、お部屋や車にぶら下げても、名刺入れにしのばせても。2枚あるので、1枚はご自宅用にしていただくのもおすすめです。

商品が完成したら、画像も掲載いたしますね!

皆様の思いとともに、大山の文と香りを届けられればすごく嬉しいです。

 

2. TOTONOU Essential Oil 調ふブレンド エッセンシャルオイル

IMG_8289

大山の森に自生するたいへん貴重なクロモジ、ひのきをベースに、レモン、 パインをブレンドしました。
石畳をのぼったときに感じる、身体と心が〈調ふ〉感覚をイメージした香りです。
文香にしていただいても、ご自宅のアロマポットやディフューザーでお楽しみいただいても。

 
こちらも商品が完成したら、画像を掲載いたします。

 
発売日に向けて、WS・イベントなども企画中ですので、乞うご期待!

記事一覧

MAP

googlemapで確認する